宮沢賢治「貝の火」



 今は兎たちは、みんなみじかい茶色の着物です。
 野原の草はきらきら光り、あちこちの樺の木は白い花をつけました。
 実に野原はいいにおいでいっぱいです。
 子兎のホモイは、悦んでぴんぴん踊りながら申しました。
 「ふん、いいにおいだなあ。うまいぞ、うまいぞ、鈴蘭なんかまるでパリパリだ」
 風が来たので鈴蘭は、葉や花を互いにぶっつけて、しゃりんしゃりんと鳴りました。
 ホモイはもううれしくて、息もつかずにぴょんぴょん草の上をかけ出しました。
 それからホモイはちょっと立ちどまって、腕を組んでほくほくしながら、
 「まるで僕は川の波の上で芸当をしているようだぞ」と言いました。
 本当にホモイは、いつか小さな流れの岸まで来ておりました。
 そこには冷たい水がこぼんこぼんと音をたて、底の砂がピカピカ光っています。

文章タイトル



 ホモイはちょっと頭を曲げて、
 「この川を向こうへ跳び越えてやろうかな。なあに訳ないさ。けれども川の向こう側は、どうも草が悪いからね」とひとりごとを言いました。
 すると不意に流れの上の方から、
 「ブルルル、ピイ、ピイ、ピイ、ピイ、ブルルル、ピイ、ピイ、ピイ、ピイ」とけたたましい声がして、うす黒いもじゃもじゃした鳥のような形のものが、ばたばたばたばたもがきながら、流れて参りました。
 ホモイは急いで岸にかけよって、じっと待ちかまえました。

説明など



「写真がついた文章ページ」というリクエストです。文章ごとに写真を展示できるという意味でいいでしょうか。サンプルとしてtoile様より素材をお借りしています。リンクはこんなかんじです。上記本文サンプルは宮沢賢治「貝の火」より引用しました。
画像は自動的に縮小・正方形になるようHEAD内で設定しています。長方形にしたりサイズを変更したりもできますので好みに合わせてご調整ください。


見出しはなくても崩れないようにはしてあります。最後の部分はあえてタグを閉じていません。<hr>タグで境界線を引きます。
文末のあとがき、一区切りをつけるとき、ナビゲーションとの境界にどうぞ。ソースはこちらから。